Blog

ブログ

本日も雑誌『セラピスト』20222月号の取材へ。
築地にある女性特有のお悩み改善サロン「Feel Sense」にうかがい、代表の吉本悠子さんにお話を伺いました。
ご自宅のサロンに一歩入った途端、編集さんも私も「うわ、すごーい!」。
なぜなら、お部屋に大きな木があったのです!
しかも、風水的にも考えられている仕様なのだとか。

 

今日はあいにくの晩秋の冷たい雨でしたが、お部屋の中はまるで朝日が差し込んだかのよう。
すがすがしく、気持ちの良いお部屋で楽しく取材をさせていただきました。

こちらで行われているのは、女性の生理トラブル全般からプレ更年期、また妊活などにも効果が期待できる「生理セラピー」。

これ、全女性におすすめです!

吉本さんご自身、20年近く自然に生理がくることはなかったそうですが、タイに2週間滞在して現地の子宮ケア自然療法を徹底して行ったところ、羽田空港に着いた時に、自然と生理がきたのだとか。

そんな素晴らしい手法をアレンジしたオリジナルの施術法です。
着衣のまま行われるのも嬉しいところ。
また、施術のビフォア・アフターが本当に違うのにはびっくり!でした。

このほか、ドテラのアロマオイルを使用した「子宮トリートメント」、無農薬ハーブと漢方をブレンドしたスチームで芯から体を温める「子宮蒸し」なども提供されています。

これまでは生理の話はタブー視されてきましたが、だんだんと生理や子宮が大切なものであること、これらのケアも必要であることが広まってきていることは嬉しいことです。

ここからは、個人的な意見なのだけれども‥‥‥
生理は汚い、つらい、痛い。
そんなふうに忌み嫌うものでもないんだよ。
生理や子宮をよく知って、適切に自分をケアしていくことは、自分を大切に扱うことにもつながるよ。
こういうことを、若い女の子たちにも、もっともっと知ってほしいと思っています。

 

 

 

 

関連記事一覧